平成24年11月 区政報告会&森鴎外記念館見学を開催しました。

《区政・地域活動》

11月7日に「区政報告会&森鴎外記念館見学」を開催しました。
区政報告の内容と森鴎外記念館見学の模様を報告させていただきます。


【えびさわけいこの区政報告】

◆スタンドパイプの補正予算が付きました。

 文京区地域防災計画修正において、
 「スタンドパイプ」12本分(12町会分)が補正予算で計上されました。
 地域活動センター等に配備される予定です。
 スタンドパイプは、消火栓に直接結合して放水する消火器具で、
 初期消火に有効だと言われています。
 文京区では、大塚や根津などの木造密集地域での消火活動に
 期待できそうです。

◆認知症高齢者グループホームが開設されます。

 平成25年2月に、本駒込5町目に「認知症高齢者グループホーム」が 開設されます。
 文京区で6つ目のグループホームです。
 6つのグループホームの合計で約100人が入所できます。
 高齢化が年々進むなか、まだまだ施設が足りません。
 今後も増設を要望していきます。

◆高齢者ショートステイの施設が開設されます。

 平成26年に、小石川5丁目に高齢者を対象とするショートステイの施設が開設されます。
 定員は22名以上を予定しています。
 このうち2床は緊急ショートステイを受付ます。
 在宅療養者が増えるなか、ショートステイは家族にとってもありがたい施設です。
 また、建設予定地は“石川啄木終焉の地”の隣接地です。
 施設内に石川啄木の顕彰コーナーや歌碑が設置も予定されています。

◆来年1月10日に高齢者あんしん相談(地域包括支援)センター「富坂」分室が 
 開設されることになりました。

 現在文京区には、富坂・大塚・本富士・駒込の4つの高齢者あんしん相談センターがあります。
 年々高齢者人口が増えてているなか、相談件数も増えています。
 平成18年に開設した時には10,026件でしたが、
 23年度には27,019件と2倍以上の数になりました。
 えびさわは、もっと、高齢者あんしん(地域包括支援)センターを増やして
 欲しい、身近で相談できるようにして欲しいとずっと要望をしてきました。
 ついに、25年度の予算で3個の分室を増やす予算が付きました。

 これからも、1歩ずつ1歩ずつ住みやすい文京つくりを頑張っていきます。


【森鴎外記念館見学】

◆平成24年11月1日に誕生したばかりの「森鴎外記念館」を見学しました。
 明治の文豪「森鴎外」の生誕150年を記念して、
 文京区立鴎外記念本郷図書館が、「文京区立森鴎外記念館」として生まれ変わりました。
 文京区千駄木に、鴎外が家族と30年に渡って暮らした地で、記念館の建つこの地は、
 鴎外の旧居「観潮楼」の跡地です。

◆まずは千駄木駅に集合し団子坂を上り記念館へ向かいました。
 記念館はデザイン性の高い近代的な建物です。
 館内は、タッチパネルや映像もあり、鴎外を身近に感じられる展示になっていました。
 職員の方に館内を案内していただき、とても楽しく見学できました。

IMG_9883.jpg IMG_9841.jpg IMG_9876.jpg


◆1階のショップでは、鴎外グッズも販売されています。
 カフェでは、どら焼きなど「文の京ゆかりの文人銘菓」も楽しめます。
 この機会に鴎外の作品を読み直すのもいいかもしれません。
 庭には、まだ色づく前のイチョウが大きく、そびえ立っていました。 

IMG_9850.jpg IMG_9952.jpg IMG_9861.jpg 


◆イチョウの木の横には、鴎外が幸田露伴たちと語り合った「三人冗語の石」が当時のまま残っています。
 今と過去とか交差する、そんな場所です。
 裏門(藪下通り側)にも、見所がたくさんあります。
 門柱跡や鴎外が馬と一緒に写真を撮った「たたみ石」が残っています。
 そのたたみ石で集合写真を撮りました。

IMG_9863.jpg IMG_9875.jpg IMG_9871.jpg


◆区政報告会は、千駄木駅近くのイタリア料理の「イルサーレ」にて行いました。
 衆議院議員候補の辻清人さんが、かけつけてくれました。
 ランチを頂きながら、えびさわけいこから、区政報告がありました。(詳細は上記をご覧ください)
 ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

IMG_9917.jpg IMG_9912.jpg IMG_9919.jpg

◆自民党としては、せっかく出来た「森鴎外記念館」がもっとわかり易いように
  千駄木の駅に掲示板を付けるなど、告知をしっかりして欲しいと要望を行政しました。 
 


"区政・地域活動" の最新記事(8件)

  

エビちゃんの著書2「文京区散歩ガイド」

エビちゃんの著書「OL辞めて選挙に出ました」