平成28年3月 「美味しい蕎麦づくり」を開催しました。

《食育活動》
平成21年2月 フードアナリストの1級に合格しました。
食の安全・安心が声高に叫ばれている今日、「健康な心とカラダ」でみんながいられるように食育活動に力を入れていきます。

3月6日にエビちゃん食育隊プロデュース「美味しい蕎麦づくり」を開催しました。



15sobauti.JPG自分でつくる手打ち蕎麦!

街のお蕎麦屋さんに
美味しい蕎麦の打ち方を
教えていただきました。



その模様を報告させていただきます。





 

★最初にえびさわけいこから皆さんに、挨拶とお願いがありました。

「エビちゃん食育隊代表のえびさわけいこです。
 たくさんの方にご参加いただきとっても嬉しく思います。 
 今日は「小石川蕎麦の会」お蕎麦屋さんのご主人に
 美味しい蕎麦の作り方を教えていただきます。
 
 調理の前には手首までしっかり手洗いをしましょうね!!
 インフルエンザやノロウイルスが流行しているので注意しましょう!
 それではスタートします。」

 最初にお蕎麦の実について教えていただきました。 
 皆さんそばの実を見るのは初めてのようでした。
 そばの実を引く道具を使って実際にそば粉にする様子を見せてもらいました。
 小さな穴にそばの実を入れて回すと、下からそば粉になって出てきます。
 元々はこのような石臼(これはレプリカなので実際はもっと大きいです)を
 使ってそばの実を挽いてそば粉を作っていたそうです。 

1sobauti.JPG 2sobauti.JPG


★“そば打ち”が始まりました。
 お蕎麦屋さんが皆さんの席を回って詳しく教えてくれました。

3sobauti.JPG 4sobauti.JPG
 

★まずは、そば粉に水を加えてなじませます。
 粉と水をなじませるのが大変で結構な時間がかかります。 

5sobauti.JPG 6sobauti.JPG


★生地がまとまったら、打ち粉を振った打ち台で伸ばします。
 両腕を使って徐々に生地を伸ばしていきます。  

7sobauti.JPG 9sobauti.JPG


★薄く伸ばせたら折りたたんで、包丁に注意しながら慎重に切ります。
 太いおそばにならないように気を付けて切ります。

8sobauti.JPG 10sobauti.JPG 


★いよいよおそばを茹でます。
 茹で上がったら、ざるにあけて水で洗い、しっかり水を切って盛り付けます。

 手打ちそばの完成です!!
 そばつゆは、おそば屋さんのそばつゆを作っていただきました。

11sobauti.JPG 12sobauti.JPG
 


★お待ちかねの試食タイムです!
 エビちゃんの掛け声で皆さん揃って「いただきます!!」
 
 茹でたてのそばは香りがよくいつ食べても美味しいです。
 本格的なそばつゆで手打ちそばを味わっていただきました。
 おそば屋さんのめんつゆは出汁がなかなか真似のできない味わいです。
 
13sobauti.JPG 14sobauti.JPG


★食事が終わったところで、
 みんな揃って「ご馳走様でした!!!」 美味しかったですね。
 食器の後片付け、調理台の掃除、床掃除、すべてみんなで協力して行います。

 

※料理教室の詳細な模様は「エビちゃん応援隊ブログ」をご覧ください。 
http://ameblo.jp/ebi-aruku/


皆さんに、食べることの大切さや、
みんなで食べる楽しさが伝わると嬉しいです。

えびさわけいこは、講義・講演だけではなく、
みんなで調理をし、食事をし、
実際に「食」に触れながら「食育」を考えていきます。


Fooding Japan エビちゃん食育隊「料理教室」は、
エビちゃんこと「えびさわけいこ」(Fooding Japan代表)が
みんなにしっかり食べて元気になってもらいたい!!
食べ物の事、歴史や文化を知ってもらいたい!!
と、願って始めた「料理教室」です。

「Fooding Japan(フーディング・ジャパン)」は広く一般市民を対象として、
食育を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得する支援を行い、
健全な食生活を実践することが出来る人間を育てることを目的とする団体です。

※詳しくはこちらをご覧ください。
http://foodingjapan.org/





"食育活動" の最新記事(8件)

  

エビちゃんの著書2「文京区散歩ガイド」

エビちゃんの著書「OL辞めて選挙に出ました」