脳梗塞で倒れた父の介護がきっかけに、行政や福祉に不満を感じ、「同じ境遇の人を減らしたい」と思い、政治の世界へ飛び込みました。 ひとりでは解決しないことも、一緒に考え・行動すれば、きっと「毎日を安心に、未来も安心に」することができます。

えびさわけいこ(海老澤 敬子)プロフィール:文京区議会議員

1964年 茨城県出身
1987年 筑波大学 農林学類卒業(現在の生物生産資源学類)

セゾングループに入社し、その後出版社を経て
大手広告代理店でマーケティングなどの仕事に20年間携わる。
脳梗塞で倒れた父を、東京と茨城を往復しながら7年にわたり介護。
行政への不満を感じ「同じ境遇の人を減らしたい」と退職を決意する。
公募から自民党公認として文京区議に当選し、現在3期目。

2006年 自民党初の公募に挑戦し、公認を獲得。
2007年 文京区議会議員に当選(第2位)
2009年 フードアナリスト「1級」を習得
認知症サポーター養成講座のキャラバンメイト(講師)となる。
2012年 早稲田大学大学院 政治学研究科に入学
2013年 早稲田大学大学院 政治学研究科を修了

【文京探索委員会】自ら文京区の魅力を伝える「散歩の会」を定期的に主催。
【NPO大江戸】理事として「文の京 12時間リレー・3時間マラソン」や、小学生向け「かけっこ倶楽部」等を主催。
【NPOフーディング・ジャパン】理事として、フードアナリストの資格を活かし「食育」体験教室等を主催。
【NPOロンリーペット】理事として、 「ペット里親会」を定期的に主催。

えびさわけいこのプロフィールを詳しく見る →

PAGE TOP